MENU
りすねぇ
都内でOLをやっている20代。非HSPの夫がいます。
強度のHSPとして、同棲生活でのお役立ち情報などを、わかりやすく丁寧にご紹介。ブログの月間PVは1万ほど。

HSPはLINE苦手…恋人にも既読無視?めんどくさい理由と対策  

HSPはラインが苦手 めんどくさい理由

スマホに通知が来ると、なんだかゲンナリしてしまう…。

便利なLINEですが、いつも楽しくメッセージを交わすことができる人は少数派かもしれません。なかでもHSPさんは、相手に気を使いすぎてしまう性格。LINE自体を苦手としている場合が多いです。

友達も、ましてや恋人とのLINEもめんどくさいって変かな?

今回は、HSPさんが恋人からのLINEをめんどくさいと思ってしまう理由と、その対処法について解説していきます。

筆者は強度HSPの20代女性です。グループラインが一番苦手、スマホはよく見るのに、LINEの返信は半日以上空けてしまう…

LINEって現代では欠かせないコミュニケーションツール。自分で上手にコントロールしながら、うまく付き合っていきましょう。

関連記事:【HSP】デートが面倒…疲れる理由とおすすめデートプラン3選

タップできる目次

向いてない?HSPさんがLINEを苦手にする理由

HSPとは「ハイリー・センシティブ・パーソン」の略で、直訳すると「繊細すぎる人」

生まれつき感受性が強く、刺激に弱い性質を持っており、約5人に1人が当てはまります。
もともとはアメリカの心理学者が提唱した用語で、ここ数年で社会的な認知度も広がってきました。

HSPの特徴としては、以下のようなポイントがあげられます。

  • 深く考え、悩み過ぎてしまう
  • 共感能力が高く感情移入しがち
  • 外部からの刺激に過敏に反応してしまう

心が敏感だからこそ、相手とのコミュニケーションにも疲れやすいんですね。そんなHSPさんが、恋人とのLINEに疲れてしまう理由をみていきましょう。

自分の時間を使うことにゲンナリ

疲れて手で顔を覆っている男性の写真

「なんて返せばいいかな」
「返事に時間経ちすぎたかな…」

もともと一人の時間が大好きなHSPさん。LINEのことで思考回路が占領されてしまうと、そこに大きなストレスを感じます。

電話であればその場で用事を伝えて終わり、SNSでは自分の好きなようにつぶやけます。LINEだとそうはいきません。

既読機能があることで、「ちゃんと返信しないと」と圧力を感じてしまうんです。

返信した後も、会話が続いていればまた悩む…

LINEのトークで頭がいっぱいになってしまい、とっても疲れてしまいます。

関連記事:【非HSPとの恋愛に疲れる理由は?】楽しく付き合う3つの秘訣

返事に悩みすぎるから

悩む男性が座っている写真

その時の気持ちでポンッと返事ができるほど、HSPさんは気軽にLINEを使えません。

相手を傷つけないような言葉選びや、これまでの会話の流れを考えて発言するのに、とっても頭を悩ませます。

  • スタンプだけでは失礼かな
  • 相手は何を求めているんだろう
  • 長く続けたくないし何て返したら良いのかな

連絡が来る嬉しさよりも、それに対する反応を気にして、素直に会話を楽しめません。

そもそも、中身のない連絡をダラダラ続けるのが苦手ではありませんか?

それでも相手との関係を悪くしないために、中身のないコミュニケーションも必要だ!と分かっているからこそ…相手に気使って、トークを続けてしまいます。

バッサリ無視するなんて出来ない!

関連記事:ツイッター疲れる…HSPに向いてない?簡単設定で気軽に楽しもう

相手の気持ちが分からずめんどくさくなる

頭を抱えて悩む女性

ときには、既読した後に返事を考えるのがめんどくさくなり、放置してしまいます。半日、一日…と返事を寝かせてしまうと、余計にめんどくさくなってしまうんですよね。

LINE遅くない?って言われる…

まだ自分が返信しないうちに、相手から催促のLINEが連投されてくると、さらに嫌になってしまいます。

恋人と会うのも電話も嬉しいけど、なんだかLINEはめんどくさいんです。

テキストだけでは本当の気持ちは伝わりません。ときには相手からの言葉に傷ついてしまうこともしばしば。

相手が絵文字や顔文字を使わないタイプだと、なんだか冷たい文面に見えて、「嫌われているのかな」と思ってしまうんですよね。

関連記事:【HSPな恋人は疲れる?】傷つけないための接し方と関係を保つコツ

【HSP流】恋人とのLINEの付き合い方

やっぱり自分にLINEは向いてないのかな〜

それでも、

  • 相手をブロックしてしまいましょう
  • 自分の返信したくないLINEは無視しましょう
  • LINEアカウントをやめてしまいましょう

なんて非現実的なアドバイスは役に立ちませんよね。

気軽に送れるLINEだからこそ便利で、使いやすい一面もあります。上手に距離感をとりつつ、めんどくさくないLINEの付き合い方をご紹介していきます。

考えすぎずスタンプでもOK 

なにか気を聞かせた返事をしないと…と思いがちですが、スタンプでも問題ありません。

考えすぎて疲れてしまうHSPさん。

文章やそれまでの会話の流れを気にしすぎず、反応したまま気軽に返信するくらいが、繊細なあなたにとってちょうど良いです。

また、LINEって気軽にできる分、時間の区切りがない、ダラダラしたトークを続けてしまいがち。気を使って、自分からいきなり終わらせることも難しく、なんとなく付き合ってしまうんですよね。

ポンポンと続いていたトークのペースが遅くなってきたら、思い切ってスタンプのみで返信してみましょう。
「OK!」「了解!」など、そこで話が終わっても自然な承諾のスタンプが良いです。

事実上、決定的な終了打。文章として終わらせるのは気を使ってしまう人でも、スタンプならば気軽に押せるはずです。

返事に困って既読無視してしまうより、印象は良いよ

できる限り通知はオフ

スマートフォンの画面

LINEはあくまでも連絡手段のアプリに過ぎません。時間と心の余裕があるときにメッセージをするものだと心得ておきましょう。

通知が来ると気になって、自分で考え、悩んでしまいます。恋人には「本当に大事なことは電話してね」と伝えておき、LINEは気が向いたときに見る、くらいの気持ちがよいです。

基本的に、使わない機能は非通知にしておくことです

例えば、

  • メッセージの着信音は鳴らさない
  • 連絡しない人は非表示設定にする
  • トーク履歴を定期的に消して整理

自分のLINE画面は人に見せるものでもありません。自分の使いやすいようにカスタマイズしましょう。

LINEが苦手と相手に伝えておく

スマホ片手にメッセージを送る女性

もともとLINEが苦手だということを、相手に伝えておきましょう。

「気を使って返事が遅くなってしまう」「普段からLINEに時間を取るのは難しい」

恋人は連絡を取ることが大切なのではありません。

  • もっと相手のことを知ること
  • きちんと愛を伝えること
  • 離れている間の不安な気持ちをカバーすること

連絡を取っていくその目的に目を向けましょう。LINEが苦手なら、電話やオンライン会話、直接会う頻度を増やすなど、恋人を心配させないような対策も必要です。

関連記事:【HSPの恋愛】マッチングアプリで傷つかない5つの方法

まとめ:LINEは連絡手段と割り切って、気にしすぎない!

周りに気を使ってしまいがちなHSPさん。大好きな恋人とのLINEにでも気を使ってしまうのは当たり前なんです。

声や表情でカバーできるならまだしも、LINEの文面だけで思っていることをすべて伝えることは、不可能。

お互いの連絡頻度に差がある場合は、それが原因でケンカに発展してしまうかもしれません。そうならないうちに、LINEとの付き合い方をコントロールすることが、大切になっていきます。

  1. 考えすぎずスタンプで返信
  2. できる限り通知はオフ
  3. LINEが苦手だと相手に伝えておく

無理せず、自分のペースで付き合っていきましょう。

以上、「【HSPはLINEが苦手】恋人でもめんどくさい理由と対処法」でした。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ このエントリーをはてなブックマークに追加
★HSPさん運営の人気ブログはこちら★

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


タップできる目次
閉じる