MENU
りすねぇ
都内でOLをやっている20代。非HSPの夫がいます。
強度のHSPとして、同棲生活でのお役立ち情報などを、わかりやすく丁寧にご紹介。ブログの月間PVは1万ほど。

【HSP】同棲中「一人になりたい」と感じた時の3つのアクション

一人になりたいHSPに向けた同棲ストレスの解消法

「恋人と一緒にいるのは楽しいけど、ちょっと一人になりたい…」

今回は、同棲中に一人になりたいHSPさんが取るべき行動についてご紹介していきます。

大好きな恋人といるのは楽しいはずなのに、息苦しくなるときはありませんか?

HSPさんが同棲すると、必ず一度は悩むはず。

私は強度のHSPで、彼氏と同棲しています。
一人っ子でもあり、団体行動はニガテ。
家族や彼氏でさえも、気を使って疲れてしまうんです。

  • 一人になりたいと思う自分は、変なの?
  • なんで一人になりたいって感じるんだろう
  • 一人になりたいと感じたらどうしたらいい?

恋人にさえも気を使ってしまうHSPさん。実は「一人になりたい」と思ったら、一時的に時間を作るだけでは解決しません。

その後にしっかりと、自分のストレスを解消することが必要なんです。

タップできる目次

【HSP】同棲中「一人になりたい」と感じた時の3つのアクション

草むらに仰向けで寝っ転がる男女の写真

HSPとは「ハイリー・センシティブ・パーソン」の略で、直訳すると「繊細すぎる人」

約5人に1人がHSPとも言われます。病気ではなく、生まれ持った性格です。

特徴としては、こんな感じ。

  1. 物事を深く考えすぎる
  2. 過剰に刺激を受けやすい
  3. 共感力が高く、感情に振り回される
  4. 些細なことにも気づきやすい

HSPさんは、人よりも敏感にストレスを感じてしまいがち。家族でも恋人でも関係なく、気を使ってしまいます。

しかし、張り切って新しい場所に遠出すると、刺激に敏感なHSPさんは疲れてしまいます。
だらだらと部屋でネットサーフィンをしたところで、頭の切り替えもうまくできません。

「一人になりたい」と感じたら、

  1. まずは自分の心を受け入れる
  2. 感じた理由をメモ書きしてみる
  3. ストレスを発散する

このステップを踏むことで、「一人になりたい…」に隠れた本当のストレスを解消することができるんです。

HSPには必須!「一人になりたい」と思うことは悪くない

泣きながら正面を見つめる女性

恋人には優しくしてもらっている、それでも一人になりたいって悪いことかな。

罪悪感を感じる必要はありません。HSPさんは周りに比べて疲れやすく、一人でゆっくりとリラックスできる時間が、何よりも大切。

一人になりたいという感情は、
「なぜそう思ったのか」という感情の整理と、「ストレスの発散」が必要になります。

一時的にストレスを発散できても、根本的な気持ちの部分が解決できなくては意味がないからです。

自分の気持ちを認めること

自分はいま、一人になりたいと思っているんだ。

まずはその気持を認めてあげること。罪悪感を保つ必要はありません。

HSPさんは元々、自己肯定感が低いため、「一人になりたい」と思うことに申し訳無さを感じてしまいます。

一人になりたいと思った瞬間、それはHSPさんにとって、自然で当たり前な気持ちです。

HSPとわかって良かったこと
一人になりたいと思うことが悪いことじゃないということ
今まで、友達といても家族と居ても恋人といても一人になりたいと思うことがあり、自分は本当は冷たい人間なのかも、相手のことが好きじゃないのかもと思ってた。
でも体の自然な防御反応だったんだ!

Twitter

一人になりたいと思った理由をメモに書き出す

もしかしたら、今の生活にストレスを感じていませんか。

HSPさんは普段から、刺激を敏感に感じてしまいます。強く感じる「一人になりたい」という気持ちの裏には、同棲生活そのものに不満があるのかもしれません。

自分は何に不満を感じているのか、メモに書き出してみましょう。文字にすることで思考が整理できます。

前田裕二さん著「メモの魔力」によると、おこった事実は「自分の心のアンテナに引っかかった」という状態。感じた感情を分解してメモに書いていき、自分の心に問い続けていきます。

  • この感情をなんと呼ぶのだろう?(悲しみ・怒り…)
  • なんで一人になりたいと思ったのか?
  • 自分は何を望んでいるのか?

一時的な感情で終わらせるのではなく、メモを通じて自分への問いを重ねていくことで、隠れた自分の価値観を発見することができます。

一人になりたい理由を考えてみること。それは根本的な同棲生活のあり方を見直す大切なステップです。

ストレスが自分の中で明確になったら、相手に伝えてみたり、自分の行動を振り返ってみましょう。

溜まったストレスを解消する方法

ヘッドホンで音楽を聴きながら泣く女性の写真

最後に、溜まったストレスを解消していきましょう。

同棲生活では相手からの刺激と、自分から相手に気遣う疲れで、ダブルのストレスを抱え込みやすい状況。しっかりと一人になる時間が取れたときには、余計なことを考えないで、自分が心からリラックスできる行動をしていくことです。

具体的には…

  • 昼間からゆっくりとお風呂に入る

入浴剤を入れると、リラックス効果をアップさせることができます。HSPさんは特に、香りの強すぎないタイプを選ぶようにしましょう。

  • 好きな音楽を流してベッドの上で目をつぶる

高音質で雑音を防いでくれるイヤホンを使って、音楽の世界に浸かりましょう。

他にも、

  • お気に入りのカフェで本を読む
  • 近所を散歩してみる
  • 一人で映画館にいく

など、頭の中がネガティブな感情で溢れないように、一人の世界に没頭できる趣味に時間を使うこと。

普段から、自分が集中できるほどの趣味を見つけておくことをオススメします。

【まとめ】自分の気持ちを受け入れてストレスを発散しよう

一人になりたいと思ったときは、

  1. 自分で気持ちを受け入れる
  2. 感じた理由をメモ書きで考えてみる
  3. ストレスを発散する

というステップを踏んでいくこと。

罪悪感を感じる必要はないんです。

仲良く楽しい同棲生活を過ごすには、自分の心をコントロールしていくことが大切!

2人で楽しく暮らしていくためにも、積極的に一人の時間を取っていきましょう

以上、「【HSP】同棲中「一人になりたい」と感じた時の3つのアクション」でした。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ このエントリーをはてなブックマークに追加
★HSPさん運営の人気ブログはこちら★

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる